スタスケ

久石譲 ひさいしじょう

久石譲|スタスケ
出身地
長野県

作曲家・指揮者・ピアニスト。国立音楽大学在学中よりミニマル・ミュージックに興味を持ち、現代音楽の作曲家として出発。多数のソロアルバムを発表するなど、活躍の場は多岐にわたる。1984年の映画「風の谷のナウシカ」以降、2013年「風立ちぬ」まで宮崎駿監督の全作品の音楽を担当。その他、北野武監督「HANA-BI」、滝田洋二郎監督「おくりびと」、李相日監督「悪人」、高畑勲監督「かぐや姫の物語」、山田洋次監督「家族はつらいよ」シリーズなど、国内外の数々の映画音楽を手掛け、日本アカデミー賞最優秀音楽賞、紫綬褒章受章など、受賞歴多数。2004年、新日本フィルハーモニー交響楽団と「新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ」を結成し、音楽監督に就任。演奏活動においては、ピアノソロや弾き振り、室内楽、オーケストラなどさまざまなスタイルを披露。近年はクラシックの指揮活動のほか、作品づくりにも精力的に取り組んでいる。

<