スタスケ

仲村トオル なかむらとおる

仲村トオル|スタスケ

1985年、映画「ビー・バップ・ハイスクール」でデビューし、日本アカデミー賞新人賞などを多数受賞する。 1986年よりスタートした「あぶない刑事」のTVドラマ、映画の全シリーズに出演。韓国映画「ロスト・メモリーズ」では、第39回大鐘賞映画祭最優秀男優助演賞を外国人として初めて受賞。映画「接吻」では第23回高崎映画祭主演男優賞を受賞。このほか主な出演映画に「K-20 怪人二十面相・伝」「劔岳 点の記」「行きずりの街」「北のカナリアたち」など。主演したTVドラマWOWOW「空飛ぶタイヤ」は、2009年度民放連ドラマ部門最優秀作品賞、ATPグランプリなどを受賞している。近年のTVドラマには、最終的に映画化もされた関西テレビ「チーム・バチスタ」シリーズ、映画「64」のエピソード・ゼロとも言えるTBS「陰の季節」「刑事の勲章」、日本テレビ「家売るオンナ」など。舞台は「偶然の音楽」「現代能楽集 奇ッ怪其ノ弐」NODA・MAP「エッグ」、KERA・MAP「グッドバイ」、「遠野物語・奇ッ怪 其ノ参」など。CMやナレーションなども多数。2017年は映画「22年目の告白」、舞台「プレイヤー」に出演。






仲村トオルのVOD

※会員専用のVODが含まれております。VODの視聴には各社のサービスに加入する必要があります。