スタスケ

加藤貴子 かとうたかこ Kato Takako

誕生日
1970年10月14日
星座
てんびん座
出身地
静岡県
血液型
A型

1990年「UCC缶コーヒー」のイメージガールに起用。1995年「メナムの残照」「アトランタ・ブギ」などの映画に出演。日本テレビ「ベストフレンド」、フジテレビ「白線流し」「ハッピーマニア」などに出演し、TBS「花王愛の劇場 温泉へ行こう」では主演を務めた。2013年からNHKEテレ「趣味の園芸 やさいの時間」でレギュラー出演中。趣味は料理・野菜作り。


加藤貴子のHOTニュース


加藤貴子の出演情報


加藤貴子のSNS

  • ビックリベビー

    私の留守に備えて、サクボンにお弁当や外食にも慣れてもらおうと、春から何度かトライしたのですが、親の目論みはいつも玉砕に…

    アメブロ 加藤貴子オフィシャルブログ「UCKY SMILE」Powered by Ameba 2日前

  • 男カレー

    月曜日に、胎盤と膀胱の状態を調べる手術がありました。結果の方はおかげさまで順調だったのですが、手術に付き添ったトト…

    アメブロ 加藤貴子オフィシャルブログ「UCKY SMILE」Powered by Ameba 4日前

  • いただいたコメントのおかげで

    コメント欄に「お腹の赤ちゃんに絵本を読んで聴かせてあげてください☺」という、メッセージがありました。サクボンには読…

    アメブロ 加藤貴子オフィシャルブログ「UCKY SMILE」Powered by Ameba 5日前

  • しあわせの〝し〟

    入院した翌朝、担当ドクターのM先生が「サク君はどうでしたか?」と、お別れが出来なかった私を気遣ってくれました。(M…

    アメブロ 加藤貴子オフィシャルブログ「UCKY SMILE」Powered by Ameba 6日前

  • パイちゃん

    旦那さんとの会話に、皆さんからのメッセージやアドバイスがたくさん出てきます。参考にさせていただいてます。ありがとう…

    アメブロ 加藤貴子オフィシャルブログ「UCKY SMILE」Powered by Ameba 7日前

  • 皆さんからの丁寧なコメントに、家族で助けられています

    ありありと状況が思い浮かぶ体験談、、不安が軽減され心強くなるメッセージ、ほんわか心があったまるコメント、などなど……

    アメブロ 加藤貴子オフィシャルブログ「UCKY SMILE」Powered by Ameba 9日前

ビックリベビー
2017/08/18 21:57アメブロ

私の留守に備えて、サクボンにお弁当や外食にも慣れてもらおうと、春から何度かトライしたのですが、親の目論みはいつも玉砕に終わっていました。一ヶ所だけ、「美味しいね❗また行こうね🎵」と言って喜んだのは、トトが、これまた唯一リラックス&リフレッシュできる、近所の焼き鳥屋さん。(こんなことまで遺伝するんですかね~)でも、その安くて美味しい焼き鳥屋さんはサラリーマンに超大人気で、開店と同時に行って外席に座らないと、子供連れでは迷惑をかけてしまうお店なので、今回の入院中は利用できそうもありません。「オレが目の前で作って手をかけてあげれば食べるけど、買ってきた物は一切口もつけてくれないから、できるだけ作るよ!」今回の入院で、サクボンの成長よりもトトの成長の方が著しく、頼もしく、まさに〝しあわせ〟を呼ぶ〝し〟の字の胎盤さんです。ということで、トトの手作りおかずを持参してお見舞いに来てくれた、トトとサクボン。私が「トトが作った焼き肉だよ」って伝えたら、「食べたい❗」と言ってにっこり。アスパラガスや玉葱は食べてくれませんでしたが、ご飯をお肉で巻いて「美味しい🎵」と言って食べていました。そうそう、男カレーの皆さんからのコメント続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

男カレー
2017/08/17 01:30アメブロ

月曜日に、胎盤と膀胱の状態を調べる手術がありました。結果の方はおかげさまで順調だったのですが、手術に付き添ったトトの保育園へのお迎え時間が遅くなり、もちろんその日はサクボンとの面会は無しだったため、私のいない生活に徐々に慣れてきたとは言えやっぱりサクボンは淋しさが募ってしまったようで…。そんなサクボンのために、トトがカレーを作りました。翌日の火曜日、保育園の帰りに病院へ寄って、サクボンの大好物のカレーを、カカとトトと親子3人一緒に食べたら元気が出るかも❗という目論み。さて、ロビーのテーブルに看護師さんが運んでくださった私の病院食も加わり、急ごしらえながら賑やかな食卓が出来ました。見事❗計画は大成功🎵「トトが作ったカレー美味しいね」と続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

いただいたコメントのおかげで
2017/08/15 20:36アメブロ

コメント欄に「お腹の赤ちゃんに絵本を読んで聴かせてあげてください☺」という、メッセージがありました。サクボンには読んで聴かせていたけど、確かに、パイちゃんのためには読んでいなかったです。そうしたら、藤吉久美子さんから、「息子の絵本が沢山あるから送ってあげる」とメールをいただきました(о´∀`о)皆さんからいただくコメントにより、思わぬプレゼント🎁をゲット出来ました。ありがとうございます☺実は私も旦那さんも絵本が大好きで、妊活前から本屋さんへ行くと、必ず絵本コーナーに立ち寄っていたので、子供以上に親の方が大喜び🎵私は読書をする習慣がないので、サクボンやパイちゃんには、旦那さんのように本を読む習慣が身に付くといいな~。そしてコメントに「ベットでの過ごし方は?」という質問がありました。①赤ちゃん(パイちゃん)に話しかける②赤ちゃん(パイちゃん)に音楽を聴かせる③サクボンとテレビ電話(①~③は、個室なので有効に使わせていただいております)④ネットショッピング本当は目も休めなくてはいけないのですが、出産で足りないもの、ベビー服、サクボンの服、日用品、食材を買って、自宅に届けてもらっています。⑤ブログの更新⑥溜まっていた書類を読んだり、役所に提出しなくてはならない書類にサインしたり、書き込続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

しあわせの〝し〟
2017/08/14 20:07アメブロ

入院した翌朝、担当ドクターのM先生が「サク君はどうでしたか?」と、お別れが出来なかった私を気遣ってくれました。(M先生は、サクボンの出産の時の担当医でもあり、麻酔で意識のない私に代わって、サクボンをこの世界で一番最初に抱きしめてくれた女医さんです)ここで皆さんにお話ししたように、お伝えしたら、「加藤さんの胎盤の〝し〟の字は〝しあわせ〟の〝し〟ですよ。加藤さんにいろんな〝しあわせ〟を運んでくれますよ。今回の入院は、きっとサク君とご主人にとっても、加藤さんとお腹の赤ちゃんにとっても、貴重で大切な時間になると思いますよ」と、優しくフォローしてくださいました。(以前お話ししましたが、私の胎盤は、胃の下辺りからお臍と子宮口を通過して、背中のウエスト辺りまで、ひらがなの“ し ”の字を大きく描くように子宮を覆っています)M先生は、サクボンの時もそうでしたが、メンタルケアをとっても大事にしてくれます。診察前に抱えている不安は、毎回M先生のアドバイスや丁寧な説明によって解消され、診察室を後にする時には、必ず笑顔で送り出されていました。いつ出血するかわからない全前置胎盤でしたが、予定帝王切開の2週間前まで家でほぼストレス無しで過ごせたのには、M先生の続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

パイちゃん
2017/08/13 21:21アメブロ

旦那さんとの会話に、皆さんからのメッセージやアドバイスがたくさん出てきます。参考にさせていただいてます。ありがとうございます m(__)m今日は、お腹の赤ちゃんのことを聞いてください。この子もサクボンの時と同様、授かるまでいろんな事がありました。今回稽留流産はしませんでしたが、不妊治療は7度もトライしました。時間的にも経済的にも、精神的にも体力的にも、超ハードでした。昨年の2月に治療を開始してから(授かる前から)、赤ちゃんの胎児ネーム(生まれる前の名前)を〝パイちゃん〟と決めて、「おいで🎵おいで🎵おいで🎵おいで🎵パイちゃん❗」と呼び掛けて、妊活していました。そして、やっと授かって、喜びも束の間……サクボンとは違う心配事が、パイちゃんにもたくさんありました。まず、6週目に入った途端、出血。トイレで悲鳴をあげたのを覚えています。すぐに病院へ行きたかったのですが、どうしても遅刻できない仕事がありました。病院へ連絡したら、電話越しに、行ったところで「処置の仕様がないのでとにかく安静に❗」と、不妊治療の先生から指示を受けました。どうしよう…。。。15分後には家を出ないと遅刻。とても安静にしてなどいられない状況でした。旦那さんに相談したら「大丈夫❗無理のないように配慮して動けば大丈夫❗行っておいで」と、目を見てしっかりと言ってくれました。何の根拠があってそう言ったかわかりませんが、きっと、今まで経験してきたことで、“不安”がいちばん私と赤ちゃんに良くないと思って、何よりもまずは不安を取り除く言葉をかけてくれたんだと思います。「ちゃんとカカにしがみついてててね」とお願いして仕事へ行きました。翌日、恐る恐る病院へ行くと、私の不安と反省を吹き飛ばすような、力強い心拍が確認出来ました。「切迫流産だからとにかく安静に❗」と言われ続けていましたが、その後もパイちゃんは、カカの勝手なお願いをきいてくれて、舞台『扉のかたちをした闇』の上演中も、しっかりしがみついていてくれました。(朗読劇だったので、身体の派手な動きがなかったのも幸いでした)とても思い出深い舞台になりました。さらにその後…寒冷地でのロケや、ハードな撮影、京都との往復でも、しっかりしがみついていてくれました。サクボンがもらってくるウィルスにも耐えてくれました。ちなみに妊娠初期でサクボンがもらってきたウィルスは、ー 熱かぜ・インフルエンザ・マイコプラズマ・ロタウィルス。続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

皆さんからの丁寧なコメントに、家族で助けられています
2017/08/11 20:39アメブロ

ありありと状況が思い浮かぶ体験談、、不安が軽減され心強くなるメッセージ、ほんわか心があったまるコメント、などなど……本当にみなさん、ありがとうございますm(__)mみなさんがお忙しい中、時間を作って送ってくださるコメントのおかげで、家族が救われています。張り止め点滴を体験されたママのアドバイス通り、身体が揺れるような動悸には、徐々に慣れてきました。血管が細いため、動くとすぐにずれてしまった針との付き合い方にも、同じく慣れてきました。(でも… 24時間、腕に点滴の針が刺さっている状況は、ホントにうっとうしいです(T.T))おかげさまで点滴の効果も抜群で、お腹の張りが1/10となり、現在のところ出血がなくなっています。ご心配おかけしましたm(._.)m出血も落ち着いたので、入院2日目には、夕方過ぎにサクボンと会えました (о´∀`о)病棟とロビーとを繋ぐ廊下で、トトと一緒に出迎えてくれたサクボン。点滴を引いて車椅子に乗ったカカを見て、不安と喜びを行ったり来たりしてるような表情で、じっと私が到着するまでガラス越しに待っていてくれました。いつもだったら両手を広げて、勢い込んで胸に飛び込んで来るサクボンなのですが 、いつもと違うカカに戸惑ったようです。その後も照れているような素振りで、私の周りをクルクル廻って、少しずつ少しずつ距離を縮めて、顔色を伺いながら私の膝の上に顔を乗せてきました。「会いたかったよ」と言うと、「カカ~」と呟き、しばらくじっと顔を伏せていました。頭を撫でていると、突然、笑顔で顔をあげ「おっぱい つねってもいい?」今度ははっきり大きな声で (о´∀`о)サクボンにはいつも救われます。私にはないユーモアで、場を明るくしてくれます。「おっぱい つねっていい?」これは、私とサクボンが日常でしているアホな会話です。「いいよ!って一度も言ったことないでしょ?ダメ❗」というと、ニヤリとしたサクボンが「じゃー、触るのはいい?」「……いいよ」全前置胎続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』