スタスケ

加藤紀子 かとうのりこ

加藤紀子|スタスケ
誕生日
1973年1月30日
星座
みずがめ座
出身地
三重県鈴鹿市
血液型
B

1992年シングル「今度私どこか連れていって下さいよ」発売。CM、テレビなど活躍の場を広げ、フジテレビ「笑っていいとも!」、日本テレビ「マジカル頭脳パワー!!」などに出演。東海テレビ「スイッチ!」、NHKFM「トーキングウィズ松尾堂」でレギュラーを務めるほか、フリーペーパーに連載を持つ。書籍「私にも出来たいくつかの事-フランスにて」を2003年に発売。「みえの国観光大使」、「鈴鹿市シティセールス大使」、「鈴鹿と・き・め・きエンターテイメント大使」、「やまがた特命観光・つや姫大使」を務める。




加藤紀子のSNS

  • 持ちつ持たれつ。

    この季節、畑に行って草むしりしたり野菜に土かけたり美味しく育つためのケアを進める中で出会う、小さな幸せ。オクラの花。こ…

    アメブロ 加藤紀子オフィシャルブログ「加藤によだれ」Powered by Ameba 1日前

  • 素麺だ!焼き鳥だ!家ご飯だ!

    あぁ、今日も暑いんだろうなぁ…と覚悟して玄関の扉を開けたら意外と柔らかい空気でびっくり。梅雨明けしたばかりだけどまもな…

    アメブロ 加藤紀子オフィシャルブログ「加藤によだれ」Powered by Ameba 3日前

  • グズグズ勉強とナス。

    夏休みの宿題をダラダラ、グズグズしていると母に「涼しい時間にやっちゃいなさい」と必ず言われ、漢字ドリルをスローモーショ…

    アメブロ 加藤紀子オフィシャルブログ「加藤によだれ」Powered by Ameba 4日前

持ちつ持たれつ。
2020/08/04 08:58アメブロ

この季節、畑に行って草むしりしたり野菜に土かけたり美味しく育つためのケアを進める中で出会う、小さな幸せ。オクラの花。このお花、お昼過ぎると閉じてしまうので朝仕事ならではのご褒美猛烈な暑さの中で、目が涼を得るようなとても静かな佇まい(こんな人になりたいと、毎夏思う)。畑から作業場に戻ると「のりちゃん、顔真っ赤!!」と驚かれ全身汗かきマシーン化したのかと思うほど自分でも引くほどの汗をかいてましたクールダウンに麦茶を飲んで、ようやくのお昼ご飯。オクラとカボチャ、玉ねぎ、大葉の味噌汁、ナス、続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

素麺だ!焼き鳥だ!家ご飯だ!
2020/08/02 09:32アメブロ

あぁ、今日も暑いんだろうなぁ…と覚悟して玄関の扉を開けたら意外と柔らかい空気でびっくり。梅雨明けしたばかりだけどまもなく立秋ですもんね…と暦に納得した朝。とはいえ、ようやく夏が始まった気がしていて柔らかな気温めちゃ暑許せる暑さだった昨日は。ヤミーさんレシピの豆乳素麺でランチ。長野から送ってもらった“宮田とうふ工房”さんの豆乳、お取り寄せしている出汁専門店やいづ善八さんの白だし、赤坂の大好きな韓国総菜屋さんのキムチ、韓国ノリ、オクラ、白ごま、大葉。畑のとうもろこしスープ。大好きな味がずうーっと続く、さすがのヤミーさんレシピ!しかもコンロに立つのはお素麺茹でる時のみ!というのもこの季節にありがたいレシピ豆乳ラテは得意ではないのに豆乳&出汁となると飲み干せるの、私の謎。そして暑さピークが去った夜は、夫がお肉屋さんで焼き鳥を買ってきてくれたので、テラス焼き鳥。(そこに鹿児島三清屋ファームさんのポークウィンナーも)ジワジワ焼けてい続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

グズグズ勉強とナス。
2020/08/01 10:18アメブロ

夏休みの宿題をダラダラ、グズグズしていると母に「涼しい時間にやっちゃいなさい」と必ず言われ、漢字ドリルをスローモーションばりにゆっくり開いてようやく向き合った子供時代。あの頃、我が家にクーラーがあればいつだって快適な環境の下で勉強してた…訳はなく、どんな恵まれた設備の中にいてもやってなかっただろうなぁと、自ら学ぶ意思を以ってユーキャン“野菜スペシャリスト講座”に向かう朝。8月に入った途端に雨は止み、気温がぐんと夏らしさ発揮で(セミもようやく安心して鳴いてる気がする)、テーブルの上に置いてある、クーラーのリモコンが「どうぞ快適温度でお勉強ください」と優しく微笑みかけてくれているような気がするけど、やすやすと押せない私の夏の癖。とはいえ…あの頃とは暑さの質が違うし何より体力も違うのだから、つべこべ言わず押せばいいのに…ってやはりまた関係ないことを思ってグズグズナスの皮にある“ナスニン”というポリフェノールの一種が、身体に良い働きがあると知り、これまで時にさよならしていたナス皮を全力で取り戻続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』