スタスケ

吉田鋼太郎 よしだこうたろう

吉田鋼太郎|スタスケ

シェイクスピア・シアター、東京壱組を経て1997 年に劇団AUN を結成。数多くのシェイクスピア作品に出演、演出も手掛ける。日本を代表するシェイクスピア俳優として海外からの評価も高い。NHK 朝の連続テレビ小説「花子とアン」で注目を集め、映像作品での活躍も著しい。主な出演作はテレビ朝日ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」「刑事7人」、フジテレビ「好きな人がいること」、日本テレビ「ゆとりですがなにか」、テレビ東京「東京センチメンタル」、NHK総合「トットてれび」など。2017年映画「新宿スワンⅡ」、「帝一の國」、「ちょっと今から仕事やめてくる」に出演。2016年「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の2代目芸術監督に就任。1999年読売演劇大賞優秀男優賞、2001年紀伊國屋演劇賞個人賞、2014年芸術選奨演劇部門文部科学大臣賞を受賞。特技は大阪弁。






吉田鋼太郎のVOD

※会員専用のVODが含まれております。VODの視聴には各社のサービスに加入する必要があります。