スタスケ

BUCK-TICK ばくちく

BUCK-TICK|スタスケ

櫻井敦司、今井寿、星野英彦、樋口豊、ヤガミ・トールの5人によるロックバンド。1987年にメジャーデビューを果たし、以降メンバーチェンジすることなく、日本のロックシーンの第一線で活躍し続けるワンアンドオンリーなバンドで、現在活躍するアーティスト達にも今もなお、多大な影響を与え続けている。1989年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。2012年に自身の新レーベル「Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)」を設立。同年、デビュー25周年を記念して、トリビュートアルバム『PARADEⅡ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』をリリース。 2013年には、デビュー25周年を記念したドキュメント映画『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~』が全国上映され話題になった。 2016年には、ビクターに20年振りに復帰し、その第1弾リリースとなるニューシングル「New World 」、ニューアルバム『アトム 未来派 No.9』をリリースした。2017年にデビュー30周年を迎え、MTVの年間の優れたミュージックビデオを発表する音楽アワード「MTV VMAJ 2017」で、現在の日本のミュージックシーンにおいて多大な影響を与えた邦楽アーティストに贈られる特別賞「Inspiration Award Japan」を受賞。同年9月には、東京・お台場で野外ライブを開催し、2日間で約2万人を動員。11月には30周年第一弾シングル「BABEL」をリリース。2018年2月にシングル「Moon さよならを教えて」、3月にはアルバム『No.0』をリリース。アルバム『No.0』は、オリコン週間アルバムランキング2位、ビルボード週間アルバムセールスチャートでも2位を獲得。アルバムを引っ提げた全国ツアー「BUCK-TICK 2018 TOUR No.0」は各地でチケットがソールドアウト。さらに6月にリリースした映像作品『CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016 / CLIMAX TOGETHER 3rd』がオリコン週間映画Blu-ray/DVDランキングで1位を獲得。9月には、2017年9月に開催した「BUCK-TICK 2017 "THE PARADE" ~30th anniversary~」の模様を完全収録した映像作品『THE PARADE ~30th anniversary~』をリリース。2019年5月22日、シングル『獣たちの夜 / RONDO』をリリース。5月25日・26日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホールで、「ロクス・ソルスの獣たち」公演を開催し、2日間で約24,000人を動員した。12月にはメンバーの地元である群馬県での公演を皮切りに全5公演のツアー「THE DAY IN QUESTION 2019」を開催。12月29日にバンド史上初となる国立代々木競技場第一体育館での公演でファイナルを迎え、12,000人の観客を熱狂させた。そして2020年。1月29日に38枚目となるシングル『堕天使』、さらに同日、多彩なミュージシャンが揃い踏みした3作目となるトリビュートアルバム『PARADE III ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』をリリース。

<

BUCK-TICKのSNS