スタスケ

吉田たかよし よしだたかよし

吉田たかよし|スタスケ
誕生日
1964年7月3日
星座
かに座
出身地
京都府
血液型
O

灘中学校、灘高等学校、東京大学を卒業後、東京大学大学院を修了。NHKアナウンサーとして活躍後、北里大学医学部を卒業し、医師免許を取得。加藤紘一元自民党幹事長の公設第一秘書として科学技術政策の立案にも取り組む。その後、東京大学大学院・医学博士課程を修了。現在、本郷赤門前クリニックの院長を務める一方、学習カウンセリング協会理事長、新宿メンタルクリニック顧問、人間情報学会理事ヘルスケア部会長を務める。趣味はテニス、ダイビング、秘境の旅。



吉田たかよしのSNS

  • 新型コロナ、匂いと味を感じなくなる理由とセルフチェックの方法

    一昨日の文化放送「SAKIDORI」と昨日のFM「ハッピーモーニングの健康コーナーでお話した「新型コロナ、匂いと味を感…

    アメブロ 吉田たかよしブログ「受験勉強の脳機能医学!」 2日前

  • 新型コロナでスマホ依存症が激増中!

    新型コロナウイルスの流行によって、様々な分野で悪影響が出ていますが、 私の心療内科クリニックでは、スマホ依存症が激増し…

    アメブロ 吉田たかよしブログ「受験勉強の脳機能医学!」 6日前

  • コロナ収束の5つのシナリオ!

    いつも水曜と木曜に出してもらっている、文化放送「SAKIDORI」とFM「ハッピーモーニングの健康コーナーですが、つい…

    アメブロ 吉田たかよしブログ「受験勉強の脳機能医学!」 10日前

  • 音読は5分が脳にベスト!

    「音読が脳に良いということなんて、知っている!」というあなた、ちょっと待った!! 大半の方が、音読の効果を誤解していま…

    アメブロ 吉田たかよしブログ「受験勉強の脳機能医学!」 12日前

  • 受験が脳の自己コントロール力を鍛える!

    受験は脳の自己コントロール力を鍛える最高のトレーニング!新学年を目前に控えた、この時期、よく質問をいただくのが、中学受…

    アメブロ 吉田たかよしブログ「受験勉強の脳機能医学!」 13日前

  • 家庭内発表会で子どもの脳が発達する!

    新型コロナウイルスの影響で、子どもが家庭にいる時間が増えていますが、 今、家族と、どのような過ごし方をすればいいのか、…

    アメブロ 吉田たかよしブログ「受験勉強の脳機能医学!」 14日前

新型コロナ、匂いと味を感じなくなる理由とセルフチェックの方法
2020/04/03 15:00アメブロ

一昨日の文化放送「SAKIDORI」と昨日のFM「ハッピーモーニングの健康コーナーでお話した「新型コロナ、匂いと味を感じなくなる理由とセルフチェックの方法!」 反響がけっこう良かったので、スタッフさんにお願いして、ホームページに公開しました。 吉田たかよしホームページ(新型コロナ、匂いと味を感じなくなる理由とセルフチェックの方法) このブログでも、一部をご紹介します。 コロナで匂いを感じなくなる理由 一言でいうと… ✔ ドイツのボン大学は、新型コロナウイルの感染者3分の2が、匂いや味を感じなくなる経験をしているというデータを発表した。 ✔ ロンドン大学は、熱や咳などの感染症状が出る前に、匂いや味を感じなくなる場合が多く、感染の早期発見に役立つ有力な手段になりうると指摘した。 ✔ 嗅覚受容体は396種類のセンサーがあり、一つ一つは小さくてデリケートで、ウイルスが感染するとセンサー機能が故障する。 ✔ 嗅覚受容体に匂い成分が吸着しないと匂いを感じ取れないので、バリアーが薄く設計されており、そのぶん、感染には弱くなっている。 ✔ 新型コロナウイルスはエアロゾルによる感染続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

新型コロナでスマホ依存症が激増中!
2020/03/30 20:05アメブロ

新型コロナウイルスの流行によって、様々な分野で悪影響が出ていますが、 私の心療内科クリニックでは、スマホ依存症が激増しています。 学校が休校にな始めた時期から、スマホを長時間、使い続ける子どもが増加していたのですが、 先週、首都圏で感染が急増する恐れがあるという報道がなされてから、スマホ依存症が、一気に増加しました。 先週末も今日も、来院した子どもの大半が、スマホ依存状態に陥っています。 外出を自粛し、家にこもっていれば、スマホの時間が増えるのなんて、当たり前だ・・・と思われるかもしれませんが、本質的な原因は、これではないんです。 確かに、家にこもっていたら、スマホの使用時間が増えるのは、当然のことです。 でも、それだけでは、うつ症状やイライラの爆発も起きないし、依存症といえる程度まで、症状が重くなることもありません。 子どもたちを丁寧に問診しますと、新型コロナウイルスの蔓延による不安が根底にあることが、はっきりわかります。 不安から、目をそむけたい・・・。 だから、目の前のスマホを使い続ける・・・。 しかも、母子カウンセリングを行っていると、母親の不安が、子どもに投影され、それが子どもの心の中で増幅されて、スマホ依存症をして吹き出しているということが浮き彫りになってくるのです。 スマ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

コロナ収束の5つのシナリオ!
2020/03/26 19:25アメブロ

いつも水曜と木曜に出してもらっている、文化放送「SAKIDORI」とFM「ハッピーモーニングの健康コーナーですが、ついに新型コロナウイルスの解説が11週連続になりました。 気がつけば、この時期、定番となっている花粉症の解説は、今年はなし。 専門の受験うつや勉強法の話も、今年に入ってゼロ・・・。 うーむ! ということで、昨日と今日は、「コロナ収束の5つのシナリオ!」というテーマで、お話をしました。 今回は、デレクターの方から、「東京オリンピック延期に関連したテーマにしてほしい」というリクエストがあり、1年延期で間に合うかどうか、医学の面から分析しました! 反響がけっこう良かったので、スタッフさんにお願いして、ホームページに公開しました。 吉田たかよしホームページ(コロナ収束、5つのシナリオ) このブログでも、一部をご紹介します。 コロナ収束の5つのシナリオ! 一言でいうと… コロナ収束の5つのシナリオ紹介し、検討します! ①完全にウイルスを封じ込めて終結するシナリオ代表例:天然痘ウイルスの撲滅不顕性感染が多い新型コロナウイルスでは、ほぼ無理。 ②気温が上がって感染に歯止めがかかるシナリオ代表例:SARS新型コロナウイ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

音読は5分が脳にベスト!
2020/03/24 17:27アメブロ

「音読が脳に良いということなんて、知っている!」というあなた、ちょっと待った!! 大半の方が、音読の効果を誤解しています。 若い受験生の中にも、脳に良いからと、延々と音読している人がいますが、脳に入ってくる情報のスピードが遅くなるので、とっても効率の悪い勉強になってしまっています。 音読のベストの時間、ベストのタイミングは、こちらです!!https://hamagakuen.tips/6758/ ベストのタイミングは、勉強を始める前です。 ベストの時間は、5分間です。 なぜかというと、脳のこちらの部分が鍵を握っているんです!https://hamagakuen.tips/6758/ 脳幹網様体は、脳のメインスイッチ。 こちらが、5分の音読で活性化して、こんなことが起こって続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

受験が脳の自己コントロール力を鍛える!
2020/03/23 19:29アメブロ

受験は脳の自己コントロール力を鍛える最高のトレーニング!新学年を目前に控えた、この時期、よく質問をいただくのが、中学受験をさせるべきかどうかということなんです。4月から、塾に通わせるかどうか、そろそろ、決断しないといけないですよね。また、中学生や高校生からは、無理してでも、難関の入試にチャレンジすべきかどうかという質問もいただきます。私は、中学受験は絶対に受けさせるべきだし、高校受験も大学受験も、全力でチャレンジすべきだって答えてます。もちろん、学歴で有利になるというのもありますが、それって二の次で、受験には、もっと大事な目的があります。最大の目的は、脳に、自己コントロール力をつけさせること。受験って、最高のトレーニングになるんですよ。脳科学の研究で、脳が持ついろんな能力が、それぞれ、社会的な成功、所得、幸福度などに及ぼす影響について調べられていますが、最も大事なのは自己コントロール力だというデータが出ています。実際、あなたの身の回りにも、自己コントロール力が高い人が、何をやっても良い結果を出しているというのは、実感するところがあるのではないでしょうか。今の子どもは、豊かにな続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

家庭内発表会で子どもの脳が発達する!
2020/03/22 12:32アメブロ

新型コロナウイルスの影響で、子どもが家庭にいる時間が増えていますが、 今、家族と、どのような過ごし方をすればいいのか、問われていますね。 これに対して、私のクリニックで提唱していますのが、今日のテーマです。 それがズバリ、こちら! かくいう、私自身が、ほぼ毎日、家庭で実践していました。 だから、誰よりも、肌身で効果を実感していますので、自信を持って推奨できます! といっても、やることは、とても簡単で、お金もかかりません 子どもに、夕食後などに、今日、体験したこと、学んだこと、感じたことなどを発表してもらうんです。 低学年なら、どんな遊びをして、何をがあったか・・・。 高学年だったら、勉強して、心に残ったことなど・・・。 これって、受験を勝ち抜く脳を育てる続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』