スタスケ

笹野鈴々音 ささのりりね

笹野鈴々音|スタスケ
誕生日
1984年12月1日
星座
いて座
出身地
神奈川県
血液型
A

風琴工房の舞台「紅き深爪 」、P.E.C.Tの舞台「ビーチサンダル・クロニクル」など、舞台を中心に活動。2013年、寺山修司没後30年パルコ劇場40周年記念公演「レミング?世界の涯まで連れてって?」に出演。2016年映画「動物戦隊ジュウオウジャー~ドキドキサーカスパニック~」でスーツアクターと声の出演を務める。趣味は裁縫、料理、写真。特技は創作ダンス、演歌。



笹野鈴々音のSNS

  • 珈琲を好むように、なりまして。

    ずぅーっと飲めなかった珈琲を、飲めるようになりました。それから、好むようになりました。それはそれは突然に、serial…

    アメブロ 女優・笹野鈴々音のいきあたりばったりオフィシャルブログ『ちびりり子のお部屋。』Powered by Ameba 3日前

  • メモのような、もの。

    じぶんという生きもの、存在を客観的に捉えてみようのとき。いや、それは日常のことではあるのだけれど、文字といふかたちにし…

    アメブロ 女優・笹野鈴々音のいきあたりばったりオフィシャルブログ『ちびりり子のお部屋。』Powered by Ameba 90日前

  • 海は広いな大きいな。

    とある地方で約三週間の生活をし、いつの間にか帰ってきたらしい。のですが実のところ、まだ帰ってきていないのかもしれなくて…

    アメブロ 女優・笹野鈴々音のいきあたりばったりオフィシャルブログ『ちびりり子のお部屋。』Powered by Ameba 176日前

  • 今日も恋してます。

    美術館を出ると、目に飛び込んできた。ミッキーマウス柄の赤いパジャマを衣装にした初老の男性が、DA PUMPさんの『U.…

    アメブロ 女優・笹野鈴々音のいきあたりばったりオフィシャルブログ『ちびりり子のお部屋。』Powered by Ameba 213日前

  • Happy new year。

    平成最後の新年が明けたのですね。いつ去年の年が明けたのかもわからぬまま、また新年を迎えておりました。いつの年からかこの…

    アメブロ 女優・笹野鈴々音のいきあたりばったりオフィシャルブログ『ちびりり子のお部屋。』Powered by Ameba 226日前

  • 前髪さんこんにちは。

    とてつもなく大きな心のお着替えがあったわけではありませんの。とある日のとある時『今日は前髪を切ろうかなん』と思っただけ…

    アメブロ 女優・笹野鈴々音のいきあたりばったりオフィシャルブログ『ちびりり子のお部屋。』Powered by Ameba 410日前

珈琲を好むように、なりまして。
2019/08/20 00:05アメブロ

ずぅーっと飲めなかった珈琲を、飲めるようになりました。それから、好むようになりました。それはそれは突然に、serial number「アトムがきた日」の稽古期間中で去年の冬からのことです。それまでは『とっても苦いお飲みもの』というものでしかなくて…劇団員時代に稽古場のケータリングエリアを管理なんぞするとき、珈琲への興味がないばっかりにコーヒーメーカーでの粉の目安を学ばずして『りりぃ濃い!』『りりぃ薄い!』と幾度も芝居以前のダメ出しをいただいていたものだ。そんなダメ出しが幾度もあったじぶんを少し可愛らしくも感じてしまうけれど、いゃ、今はそれ以前に学ぼうとしなかったじぶんを叱りたい。そんなわたしがどうして…じぶんでも正直よくわからないのだ。『飲めるようになりたいぜ』などと思ったわけではありませんの。ある日の稽古場で、漂う珈琲の香りに『いい香りだわん』『わたしもいただきたいなぁ』と思った、のだ。その日から、わたしは完全に珈琲処女を奪われた。という去年の冬から今日にかけて、わたしのなかに確実な変化が生まれている。飲めなかった珈琲を好むようになった、ようなモノゴトがたくさんある。たとえば性質的なこと…『あなたにわたしのなにがわかるの。』みたいな負けん気じみたモノを抱えて、強がった戦闘態勢で生きてきてしまった自負が実のところはあったり、しちゃう。まあ単純に云うと、トガりというやつ。しかし冷静に考えよじぶん、わかるわけないだろうと、仮にわかってどうしたと、逆にじぶんは他者を丸々っとわかろうとしてきましたかと、ってお話しだ。もちろん今も自負みたいなものはある、んだけど邪魔なプライドを見分ける力と、見分けた邪魔を棄てることにビビらなくなっている。とか…基本ひとに嫌われてしまうことをあまり畏れてはいないけれど、わたしを嫌うそのひとのことを真っ直ぐに知りたくなった続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

メモのような、もの。
2019/05/24 18:53アメブロ

じぶんという生きもの、存在を客観的に捉えてみようのとき。いや、それは日常のことではあるのだけれど、文字といふかたちにしてみようのとき。と言ふても、今日のこのメモは深堀りの手前編・・・一先ずは、人々から言われることを思いつくままに箇条に書きならべてみようっと。ちいさいひとこびと小人症障がい者肌が白い色素が薄い眼力が強い瞳がきれいほくろがかわいいお口が小さい胸が大きい(からだのわりに 笑)むちむち特徴的な声キモい怖い恐い近づきにくいなにを考えているのかわからないなにかを悟っていそうなにかを企んでいそうなにかを見透かしていそうミステリアスコケティッシュ妖艶魔性妖しげ可愛いきれいエロい色気がある潤っているいつも恋をしていそう男好き(実は)モテそう柔らかいふんわりお上品不思議可憐悪魔小悪魔天使妖精明るいもの静か大人っぽい子供っぽい男っぽい年齢不詳女子力高い意識高いおしゃれマイペース破天荒腹黒い優しい厳しい好き嫌いはっきり自信がある存在感がある強い獰猛傲慢わがままなまいき可哀想とかなんとか、まだまだいっぱいあらぁね・・・きっと公開しちゃいけない、蝶になったわたしへの言葉もあらぁよ♡笑これらは自他共に認めているものではなくて、他人さまが評価をして続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

海は広いな大きいな。
2019/02/27 22:38アメブロ

とある地方で約三週間の生活をし、いつの間にか帰ってきたらしい。のですが実のところ、まだ帰ってきていないのかもしれなくて・・・帰ったきたらしい環境で瞳に映るものは、ごつごつ、ごりごり、尖いからだ、きっとぶつかったら痛いんだろうな、怪訝そうな表情の人たちを通しながら、ほんとうに見ているものは、寝ても覚めてもそこに在った海だったりして。お宿の目の前に広がるいつだって大きな海、砂地に流れついた流木や貝殻や宝石たち、静けさに響きわたる波の声、そんな自然界が織り成すきらきら、当たり前のようにそこに在るとくべつな時。海を見て目覚め、海を見て眠る、日々。お努めみたいなものを終えて、今夜嗜むであろうお酒とおつまむものをお買いものして、お宿に帰る頃のお空は夕陽で焼けていた。海に沈んでゆく夕陽というものに今日までの人生ではじめてめぐり逢い、その数分があまりにも美しくて早々に手にしたくなるアルコール片手にただぼーっと。ただぼーっと、ふと、芝居はじめて続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

今日も恋してます。
2019/01/21 19:38アメブロ

美術館を出ると、目に飛び込んできた。ミッキーマウス柄の赤いパジャマを衣装にした初老の男性が、DA PUMPさんの『U.S.A.』をBGMに、色々んなかたちに変わりゆく風船を子どもたちに与えては与えておりました。ただ黙々と、ことばの代わりのように。風船を手にした子どもたちは恥ずかしそうで、静かにおとなしくも嬉しそうな笑みだった。リピートされ続ける一茶さんの、♪『C'mon, baby アメリカ・・・』男性はどんな想いをもって紡いでいるのかしら。気になって立ち止まった横にあったベンチに腰をかけ、温かい珈琲を潜らせながらしばらく公園の世界を眺めて居りました。・・・あれ、わたしってばあのひとのこと好きなのかな。みたいな憧れの先輩を眺めている後輩女子の状態みたいなこれ、これって恋っしょ。気になる、また会いたい、ってこれは恋っしょね。わたくしが恋をす続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Happy new year。
2019/01/08 17:58アメブロ

平成最後の新年が明けたのですね。いつ去年の年が明けたのかもわからぬまま、また新年を迎えておりました。いつの年からかこの寒空の年末年始を、デジャヴのように感じてしまう。それからは正直なところ、明けたことのおめでたさがわからぬお正月を過ごしては旧正月の頃にじわりじわりと新年が実りはじめてゆくような感覚なのです。根っこが暗いせいなのかな。『よいお年を』『明けましておめでとうございます』ということばに乾いた手ざわりがあり、妙にしっくりこない。それを理由にしたいわけではないのですが、新年のご挨拶ができずに申し訳ありません・・・しかし年が明ける瞬間が好きと云うお友だちが、『年を越えた時の洗い立ての景色が好きだし、小さく死んで、そっと生き返らされる感じが強引にある感じが好き。あとこの時期だけは、みんな何かを寿ぐ気に満ちていて好き。営みに立ち返る感覚があるなあ。』と教えてくれたので、これからもこのお友だちを大切にしてゆきたいよと思続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

前髪さんこんにちは。
2018/07/08 21:35アメブロ

とてつもなく大きな心のお着替えがあったわけではありませんの。とある日のとある時『今日は前髪を切ろうかなん』と思っただけ。その結果、『りりぃどうした!なにかあったの?』『おんなの子になったねー』『女子力高そうに見えるー』『前の方が好きだなー』『今の方が好きだなー』『似合ってるー』『似合ってないよー』『よりエキゾチックになったねー』『お人形さんみたいじゃーん』って、みんなみんな色々んなことを言う。嬉しいけど嬉しくない、ただそれぞれの反応がおもしろい。『え、超かわいいんだけどー』うん、あのね女子の続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』



笹野鈴々音のVOD

※会員専用のVODが含まれております。VODの視聴には各社のサービスに加入する必要があります。