スタスケ

さユり さゆり Sayuri

さユり|スタスケ

人と違う感性・価値観に、優越感と同じくらいのコンプレックスを抱く“酸欠世代”の象徴=「酸欠少女」として、アコギをかき鳴らしながら歌う、21歳の2.5次元パラレルシンガーソングライター。さユりは3人に分裂し生息しており、それぞれの活動領域は2次元・3次元とパラレルで神出鬼没。SNSやwebを軸とした独自の2次元活動と、ライブを軸とした3次元活動がクロスオーバーした、2次元と3次元の狭間=2.5次元を漂うアーティスト。自分らしく生きていく姿や居場所を探し、日々息苦しさを抱えながら過ごしている?10代?20代の心情と共鳴する歌詞と、聴く者の心にすっと寄り添い、孤独を優しく抱きしめて希望を感じさせる歌声により、10代?20代の男女を中心に絶大な人気を誇る新世代アーティスト。フジテレビアニメ「乱歩奇譚?Game of Laplace」のED「ミカヅキ」で2015年8月にメジャーデビュー。その荒削りな美しさが作品世界と激しくリンクし、絶大な支持を受け、デビュー作からヒット。2016年2月にフジテレビアニメ「僕だけがいない街」のED「それは小さな光のような」をリリース。オリコンデイリー7位、iTunesシングル総合チャート最高3位とヒット。6月24日には配信限定EP「るーららるーらーるららるーらー」、12月7日には、RADWIMPS・野田洋次郎、楽曲提供&プロデュースによる4thシングル「フラレガイガール」をリリース、2作連続でiTunesアルバム総合チャート1位を獲得。5thシングル「平行線」はiTunesシングル総合チャート1位を初日から4日連続で獲得。オリコンウイークリーシングルランキング10位と、過去最高のシングルヒットを記録。そして、2017年5月発売の1stフルアルバム「ミカヅキの航海」は、オリコン?デイリーアルバムランキング初日1位を獲得。オリコン?ウイークリーアルバムランキングでは3位を獲得する。2018年2月28日には、人気アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」EDの6thシングル「月と花束」をリリース。その歌世界と存在に共鳴する“さユりマニア”が続出中!今後の活動に目が離せない新次元アーティスト。