スタスケ

川尻恵太 かわじりけいた

出身地
北海道

2000年5月北海道で劇団ギャクギレを旗揚げし、ほぼ全ての作品で脚本・演出を担当。2002年からお笑いコンビ・1.2.DONとしても活動。2004年から苗穂聖ロイヤル歌劇団の座付き作家に就任。北海道での活動中にラーメンズの小林賢太郎に出会ったことをきっかけに、大喜利ライブ「大喜利猿」の構成を担当するようになる。2006年に上京し、活動の拠点を東京に移した後、ラーメンズを中心に小林賢太郎作品の演出補を務めながら、作家として、エレ片、エレキコミック、前田健などのライブを担当。2008年に東京で演劇ユニット・SUGARBOYを立ち上げ、2010年からはTBSラジオ「JUNKサタデー エレ片のコント太郎」の作家としても活動。2015年舞台「じょしらく」脚本・演出、「天元突破グレンラガン~炎撃編~其の弐、其の参」脚本、2016年「真夜中の弥次さん喜多さん」演出、「じょしらく弐~時かけそば~」脚本・演出、「青春鉄道2~信越地方よりアイを込めて~」脚本・演出・作詞、2017年「初恋モンスター」脚本・演出・作詞、2018年「放課後の厨房男子」脚本、「体内活劇『はたらく細胞』」脚本、2019年MASHIKAKU CONTE LIVE「ユニコーン」脚本・演出ほか、数多くの舞台を手がける。2019年7月スタートのテレビ東京ドラマ「テレビ演劇 サクセス荘」の主題歌「今日もきっとサクセス荘」を担当。