スタスケ

朱野帰子 あけのかえるこ

出身地
東京都中野区

小説家。早稲田大学第一文学部卒業。2009年「マタタビ潔子の猫魂」(「ゴボウ潔子の猫魂」改題)でメディアファクトリーが主催する第4回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞し、作家デビュー。2013年「駅物語」がヒット。2015年「海に降る」が連続ドラマ化。2019年「わたし、定時で帰ります。」が連続ドラマ化。現代の働く女性、子育て中の女性たちから支持を受けている。他の作品に「賢者の石、売ります」「超聴覚者 七川小春 真実への潜入」「真壁家の相続」「くらやみガールズトーク」など。

<

朱野帰子のSNS