スタスケ

なでしこジャパン なでしこじゃぱん

女子サッカー日本代表の愛称。1995年の第2回FIFA女子世界選手権でW杯初出場を果たし、1996年アトランタオリンピックでオリンピック初出場し、2004年アテネオリンピックの際に愛称として決定。2011年ドイツで開催されたFIFA女子ワールドカップで男子サッカーを含めてもアジア勢で初優勝を果たす。