スタスケ

NHK朝の連続テレビ小説 歴代ヒロイン 一覧

“朝ドラ”こと、NHK朝の連続テレビ小説の歴代ヒロインをまとめました。朝ドラを彩ったヒロインたちを紹介します。
第55作「ふたりっ子」から、第102作「エール」まで

※「ヒロイン」のみをまとめています。「主人公」に限りません。

朝ドラ(NHK朝の連続テレビ小説)作品一覧はこちら
  • 松下奈緒 まつしたなお

    誕生日
    1985年2月8日

    2005年フジテレビドラマ「恋に落ちたら~僕の成功の秘密」や、2010年NHK…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第82作「ゲゲゲの女房」(2010年3月スタート)

    モデルは「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる漫画家・水木しげる夫妻。貧しさに負けずたくましく生きる夫婦の物語。夫・茂(向井理)のサクセスストーリーを、妻として夫のドン底時代を支えたヒロイン・布美枝(松下奈緒)の視点で描く。

    松下奈緒
  • 倉科カナ くらしなかな

    誕生日
    1987年12月23日

    2009年NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」に主演。ドラマ「mather」、「…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第81作「ウェルかめ」(2009年9月スタート)

    徳島・美波町を舞台に、倉科カナ演じるヒロイン・浜本波美が成長する姿を描く。小学6年生の波美は、尊敬するプロサーファーの父・哲也、民宿を営む母・加代と暮らす。ある日、久々に再会した父からプロを引退することを告げられ、ショックを受ける。そんな中、波美は地元出身で、ファッション雑誌編集長・近藤の講演会に参加。編集者の華やかな仕事に憧れる。

  • 多部未華子 たべみかこ

    誕生日
    1989年1月25日

    2004年映画「理由」、2006年「夜のピクニック」出演。2009年NHK連続…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第80作「つばさ」(2009年3月スタート)

    しっかり者の娘と自由奔放な母が家族の絆を取り戻すために懸命に努力する姿を描く。埼玉県川越の老舗和菓子屋の長女・玉木つばさ(多部未華子)は、母の家出以来、主婦役を担ってきた。ところが、母が突然10年ぶりに帰宅したことから、つばさの人生は大きく変わっていくことに。

  • 三倉茉奈 みくらまな

    誕生日
    1986年2月23日

    1996年NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」では野田麗子(子供時代)役、200…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第79作「だんだん」(2008年9月スタート)

    離れ離れになった双子が運命の再会を果たした絆を描く。島根・松江育ちのめぐみ(三倉茉奈)は、歌うことが大好きな女子高生。そんなある日、出雲大社で迷子になっていた京都の舞妓・のぞみ(三倉佳奈)と遭遇。自分とあまりにも似ているその顔に絶句する。互いの存在を知らずに育った双子の姉妹が、運命的な再会から一緒に歌手を目指していく。

    三倉茉奈
  • 三倉佳奈 みくらかな

    誕生日
    1986年2月23日

    1996年NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」では野田香子(子供時代)役、200…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第79作「だんだん」(2008年9月スタート)

    離れ離れになった双子が運命の再会を果たした絆を描く。島根・松江育ちのめぐみ(三倉茉奈)は、歌うことが大好きな女子高生。そんなある日、出雲大社で迷子になっていた京都の舞妓・のぞみ(三倉佳奈)と遭遇。自分とあまりにも似ているその顔に絶句する。互いの存在を知らずに育った双子の姉妹が、運命的な再会から一緒に歌手を目指していく。

    三倉佳奈
  • 榮倉奈々 えいくらなな

    誕生日
    1988年2月12日

    主な出演ドラマに、2006年フジテレビドラマ「ダンドリ。~Dance☆Dril…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第78作「瞳」(2008年3月スタート)

    東京下町を舞台に、ダンサーを目指すヒロイン・瞳(榮倉奈々)の家族再生と成長を描く。両親の離婚後、札幌で育った瞳は祖母の葬儀のために上京した。葬儀の席で母・百子と祖父・勝太郎がケンカを始めてしまう。やがて、瞳は3人の里子を育てている祖父とともに里親となり、3人の里子たちと向き合う中で「家族」の意味に近づいていく。

    榮倉奈々
  • 貫地谷しほり かんじやしほり

    誕生日
    1985年12月12日

    2002年映画デビュー。2004年映画「スウィングガールズ」などに出演後、20…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第77作「ちりとてちん」(2007年10月スタート)

    マイナス思考だったヒロインが、落語家を目指して奮闘する物語。幼いころに福井県小浜市へ引っ越してきた喜代美(貫地谷しほり)。高校生のころに、同じ学校に通う人気者の清海と自分を比べ、万年脇役の自分に劣等感を抱いていた。自分を変えようとした喜代美は、故郷の福井を飛び出して大阪へ。そこで、上方落語の世界に出会い、徐々に惹かれていく。

    貫地谷しほり
  • 比嘉愛未 ひがまなみ

    誕生日
    1986年6月14日

    2005年映画「ニライカナイからの手紙」に出演。2007年NHK連続テレビ小説…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第76作「どんど晴れ」(2007年4月スタート)

    パティシエ見習いだった女性が旅館の女将を目指し奮闘する。結婚を控えた夏美(比嘉愛未)は、婚約者の柾樹と結婚後も実家の洋菓子店を手伝って暮らそうと考えていた。そんなある日、岩手で旅館の大女将をしている柾樹の祖母・カツノが倒れる。柾樹は旅館を継ごうと考え始め、夏美は結婚を白紙に戻したいと告げられる。

    比嘉愛未
  • 藤山直美 ふじやまなおみ

    誕生日
    1958年12月28日

    松竹新喜劇の名物俳優・藤山寛美の娘として生まれ、1962年に親子共演でデビュー…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第75作「芋たこなんきん」(2006年10月スタート)

    作家・田辺聖子の半生を描いた物語。戦後の大阪市内。37歳独身の花岡町子(藤山直美)は、開業医の通称「カモカのおっちゃん」と出会い、恋に落ち結婚。ところが、この「カモカのおっちゃん」はバツイチで5人の子持ち、なおかつ両親や兄弟と同居する10人の大家族だった…。毎日てんやわんやの町子は、持ち前のバイタリティを発揮して家事や育児と文筆活動の両立に励むのだった。

  • 宮﨑あおい みやざきあおい

    誕生日
    1985年11月30日

    2001年映画「EUREKA(ユリイカ)」出演。2006年NHK連続テレビ小説…続きを読む

    朝ドラ ヒロイン
    NHK朝の連続テレビ小説 第74作「純情きらり」(2006年4月スタート)

    昭和初期、戦時下で苦境に遭いながらも、ジャズピアニストを目指す少女とその家族のきずなを描く。母を亡くした8歳の桜子は、父と3人の兄妹の中、幸せに暮らしていた。ところが、父の見合い話にショックを受け、納屋に閉じこもってしまう。そこで、桜子はオルガンを発見し、やがて16歳になった桜子(宮崎あおい)は、ピアノに夢中になり、女学校でも音楽の才能を発揮する。